本文へスキップ

学生ローンの詳細解説

〜学生ローンの専門サイト〜Professional site

はじめに

方針イメージ

学生ローンを利用したいけど、はじめてで何をどうすれば良いのかわからない・・・なんてことはよくありますよね。学生ローンのホームページを見ても各社様々で見れば見るほど混乱することもあります。
学生ローンOnLineでは、学生ローンのインターネット申し込みの手順や、必要書類の送り方等を詳しく解説致します。また、返済方法や、その他学生ローンに関する雑学をわかりやすくご紹介致します

学生ローンについて

そもそも学生ローンって何でしょうか?
普通の消費者金融やキャッシング会社と比べて、何がどう違うのでしょうか?

一般の消費者金融ですと「学生」という身分で申し込みをすると、なかなか融資してもらえません。(学生の身分を隠して、免許証等を提示すれば借りられることはありますが・・・)
しかし、学生ローン専門店は、学生証と免許証か保険証があれば手軽にキャッシングができるのが特徴です。

また、返済方法にも特徴があります。
普通の消費者金融やキャッシング会社では、リボルビング方式の採用が一般的ですが、学生ローンの場合、「元金自由返済」を採用している会社が多く、これは学生さんにとっては大変便利な返済システムであることは間違いありません。
どういうことかと言いますと、例えば試験期間中でアルバイトがなかなかできない場合などは、利息のみの返済でOKなのです。大手消費者金融などの採用する均等払いでは、こうはいきません。
逆に夏休みや冬休みなど、長期の休みの時は、アルバイトを集中してやれるので、そういった時にある程度まとまった金額を返済することも可能な訳です。

つまり、学生ローンというのは、大手消費者金融が嫌う学生さんでも、手軽にキャッシングができるばかりでなく、返済方法等も学生さんのニーズに合わせた、まさに学生さん為のキャッシング会社なのです。
 
平成29年11月現在の情報
最近では学生ローン各社が揃って金利を引き下げています。
学生ローン全体の半分は実質年率15〜17%と低利になっています。
一部ではまだ従来の18%となっていますが、近いうちに追従する事は必須です。
因みに、こういった大規模な金利引き下げというのは過去に何回かあり、ほとんどの場合が安い金利で借りられるのは「新規の場合」に限定される事が多いです。
したがって、現在実質年率18%で借りている場合は、新規で安い方の学生ローンから借りて、高い方を完済してしまう方が得をします。
あるいはそれを逆手にとって、現在利用中の学生ローンに相談をしてみるのも手です。
学生ローンからすれば他社で借りたお金で自分の会社のお客様を取られる、いわゆる「まとめ貸し」を極度に嫌う傾向がありますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
ただし、ごり押しはいけません。あくまでも相談という形で、ソフトに交渉してみて下さい。
きっと安くしてもらえると思います。

[安心の低金利の学生ローン]
老舗の学生ローンで安心できる低金利の学生ローンなら、高田馬場のカレッジがお奨め!!
サポート体制も万全で、親身に相談にのってもらえる親切な学生ローンです。