本文へスキップ

学生ローンの詳細解説

〜学生ローンの専門サイト〜Professional site

学生ローンの主な返済方法

■こちらでは、学生ローンの主な返済方法を紹介します。

■元金自由返済方式
元金自由返済方式は、学生ローンの最大の特徴ともいえます。
(学生ローンでキャッシングでわかりやすくまとめてあります。)
学生さんは、アルバイトができない月と、まとめて集中的にアルバイトができる時があります。
大手消費者金融などが採用している均等払いでは、毎月の返済額を1万円なら、必ず毎月1万円は返済しなくてはなりません。
学生さんにとって、例えば試験期間中などでアルバイトができない月などは、この1万円は大変大きな金額です。
しかし、学生ローンではこのような場合、最低利息だけ入金すればOKなので、10万円借りていたとしても最低1,500円の入金で済むのです。(年18%の場合)逆に夏休みや冬休みなど、アルバイトが集中的にできた月は、まとめて返済することも可能なのです。
毎月掛かる利息は、残高に対して掛かるものなので、こういった時に一気に残高を減らしてしまえば、来月からの利息の負担が軽くなるので、余裕がある時はなるべく多めに返済するようにしましょう。

■返済方法
返済は、直接窓口に持参するか、銀行振り込み、現金書留などの中から、毎月自由な方法で返済することができます。
ATMを設置している学生ローンもありますので、この場合は365日年中無休で利用することができます。
ATMの利用手数料は掛かりません。
振込みについては、学生ローン会社と同じ取引銀行で口座を開設することによって、振込み手数料を節約できます。
また、ネットバンクを利用すれば、夜中に布団の中で携帯から送金することもできますので、大変便利です。
現金書留は、到着日が入金日となりますので、実際の返済日より2〜3日少し余裕を持って、送金する必要があります。
ただし、利息分より少し多めに送金すれば、学生ローンの方でその日までの利息を計算し、余った分は元金に充当されますので、あまり気にする必要はありません。利息ギリギリの金額を送金する場合は注意が必要です。

■返済シミュレーションを利用する
ほとんどの学生ローンはホームページを開設しており、その中で「返済シミュレーション」という便利なページがあります。
これは、例えば貴方が10万円借りたとして、月々1万円ずつ返済すると何回で完済になるか、また、10回で完済するには毎月いくらずつ払えば良いか等、インターネット上でシミュレーションすることができますので、一度試してみると良いと思います。

■同姓同名の他のお客に注意
学生ローンといえども、抱えているお客の数は数万といわれております。
もし、あなたの名前が「タナカ イチロウ」だったとしますと、あまりに一般的すぎるので、同姓同名客は必ず存在すると思います。この時に振込みで返済をする際、名前だけですと相手はどのタナカ イチロウなのかわかりません。
そこで学生ローン各社では、名前の後に会員番号や生年月日などを入れるよう呼びかけているところもあります。
せっかく返済したのに、他人の返済に充てられていてはたまったものではありません。
必ず学生ローン各社のルールに従って、識別できるようにすることが必要です。