本文へスキップ

学生ローンの詳細解説

〜学生ローンの専門サイト〜Professional site

学生ローンの賢い使い方

■こちらのページでは、学生ローンの賢い使い方をご紹介します。
実はちょっとした工夫一つで、無駄なコストを削減することができるのです。
学生ローンWebというサイトも参考になります。
1.送金料を工夫する
融資を受ける際や、月々の返済は、大抵銀行振り込みを利用すると思います。
送金料というものは、同じ銀行同士だと安く済むのです。
どういうことかと言いますと、例えば貴方が融資を受ける学生ローンの会社が、みずほ銀行を使っているとします。
そして貴方の銀行口座は三井住友銀行だとします。
この場合、振込みで融資を受ける際や、振込みで返済をする場合、(送金する金額によっても振込み手数料は異なるので、ここでは35,000円と仮定します)送金料が420円かかってしまいます。
そこで、工夫なのですが、貴方がみずほ銀行で口座を作ってしまえば良いのです。
そうすることによって、振込み手数料が210円に節約できますし、さらにネットバンクを開設してしまえば、送金料はさらに安くなる他、忙しくて銀行になかなか行けないという方でも、夜中に携帯電話で返済を済ましてしまうということもできるので、これを利用しない手はありません。

2.短期の借り入れならば、クーリングオフや一週間無利息などののサービスを利用する
多くの学生ローンや消費者金融では、クーリングオフ期間を設けています。この期間内であれば、元金のみの返済で利息は掛かりません。また、はじめから「一週間は無利息」などのサービスを導入している学生ローンも存在します。
もし短期的な借り入れでしたら、こういったサービスを利用すれば無駄な利息を払わずに済みます。

3.最初に融資を受ける際、必要最低金額にし、また必要になった時は追加で申し込む
よくありがちなのが、実際に必要なのは8万円なのに、キリよく10万円借りてしまうといったケースがあると思います。
しかし、これは2万円分については無駄な利息を払うことになるので、最低限必要な金額にしておくべきでしょう。
足りなかったら追加融資を申し込めば良いのです。
最初の新規での申し込みは、確かに実際の融資まで若干の手間がありますが、一度手続きが終了してしまえば、2回目以降の追加融資については、全く面倒な手続きはありません。
電話1本ですぐに貴方の口座に振り込まれます。

4.キャンペーンを利用する
学生ローン業者によっては、月ごとに様々なキャンペーンで金利を安くしてもらえるサービスがあります。
例えば免許証を提示すると金利が安くなるとか、地域によって通常金利より低く設定したりとか、友達紹介キャンペーンで同様に金利が安くなったり、豪華景品が抽選で貰えたり・・・とにかく特典は多数ありますので、見逃さないようにチェックしましょう。